2015年8月9日日曜日

book327 『神々の山嶺 1~5』 夢枕獏(原作)、 谷口ジロー (2000-03)

そこに山があるからじゃない
ここに おれがいるからだ

【概要】                    

マロリーのエヴェレスト登頂の謎を解く可能性を秘めた古いカメラ。その行方を追うカメラマン・深町誠は、“毒蛇(ビカール・サン)”と呼ばれる日本人に会う。孤高の単独登攀者・羽生丈二。なぜ、彼はネパールに!? 日本に戻った深町は羽生の過去を探るうちにその生き方に魅せられてゆく…。 (内容は事実を絡めたフィクション)

原作は夢枕獏の小説『神々の山嶺』。1994年7月から1997年6月号まで連載され、1997年8月に上下巻が刊行。第11回平成10年度柴田錬三郎賞受賞。

漫画はこの小説を原作として2000年から2003年まで連載された。単行本全5巻。2001年第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞受賞。

2016年には映画公開(平山秀幸 監督、岡田准一 主演)が予定されている。

【読むきっかけ&目的&感想】               

1988年の日本テレビによる世界初チョモランマ山頂衛星生中継「チョモランマがそこにある」の映像がニコ動にあったので何気に見ていたら、「神々の山嶺読み直すわ」といった『神々の山嶺(いただき)』関連のコメントがいくつか流れてきた。それは何ぞや?、とアマゾンでその作品の概略を読んだら面白そうだったので読んでみた。小説ではなく漫画を読んだのは、登山の描写を文字で理解する自信が無かったからだ(笑。

さくら好み ★★★★

数か月かけてボチボチ読んだが、最終巻は感動でうるうるしてしまった。いずれ原作小説も読んでみたい。

しかし、これ映画化できるのか??? 世界最高峰エベレスト登山の魅力/魔力を上手く映像表現できなかったら、何もかもが陳腐になりかねない。まぁ、何はともあれ、来年の公開が楽しみではある。

【備忘録】                                          

2000~03 「神々の山嶺」(原作 夢枕獏)について
谷口ジロー 公認 ファンサイト 「谷口ジロー」の街
http://www.jiro-taniguchi-fan.com/kamigaminoitadaki.htm
「羽生丈二」には、実在のモデルがあり、単行本「狼は帰らず アルピニスト・森田勝の生と死」佐藤稔,著(山と渓谷社)の、森田勝氏で、「羽生」の名前は、「将棋」の「羽生善治」氏からとったそうです。 
「原作小説」が、ありますが、まったく原作どおりでは、ありません。ところどころに、谷口先生のオリジナルの、エピソードが、あります。
ジョージ・ハーバート・リー・マロリー

ジョージ・ハーバート・リー・マロリー(George Herbert Leigh Mallory、1886年6月18日 - 1924年6月8日?)は、イギリスの登山家。

1920年代にイギリスが国威発揚をかけた3度のエベレスト遠征隊に参加。1924年6月の第3次遠征において、マロリーはパートナーのアンドルー・アーヴィンと共に頂上を目指したが、北東稜の上部、頂上付近で行方不明となった。マロリーの最期は死後75年にわたって謎に包まれていたが、1999年5月1日に国際探索隊によって遺体が発見された。マロリーが世界初の登頂を果たしたか否かは、未だに論議を呼んでいる。

マロリーが「なぜ、あなたはエベレストに登りたいのか?」と問われて「そこにエベレストがあるから(Because it's there. )」と答えたという逸話は有名であるが、日本語では、しばしば「そこに山があるから」と誤訳されている。


Google がエベレスト山周辺のストリートビューを作成…‘ストリート’はどこにもない山道だ
TechCrunch 2015 年 3 月 12 日

ネパールのクンブ(Khumbu)地方へ旅行する人はあまりいないと思うが、エベレスト山はそこにある。しかしGoogle の Street View のおかげで、そこがどんなところか、よく分かるようになった(ゲームファンなら、あれっ、Far Cry 4の背景じゃん、と思うかもしれない)。

この、Google の最新の力作は、Street View とは呼べないだろう。ここはストリートというより、山道だから。Google は、エベレストの頂上に到着した回数の世界記録(21回!)を持つ Apa Sherpa と、彼の財団 Apa Sherpa Foundation、そしてネパールの NPO Story Cycle とパートナーして、10日間の旅程でこの地域の地図と写真を制作した。その結果として新しい Street View の画像と、これまでよりも良いこの地方の地図が作られた。

それらの画像の中で、エベレストにいちばん近いのはGorak Shep だが、そのほかに、Apa Sherpa が1996年に作ったロッジ Everest Summiteer Lodge の内部の画像もある。また、そのほかのおもしろい画像として、ほかのロッジや、修道院学校、そしてときどき、ヤクの姿も Google は捉えている。

【ストリートビュー】 ネパールのクムジュンにあるエベレスト登頂時の南ベースキャンプ


【YouTube】 AFPBB News